初夏の蓼科高原〜八ヶ岳高原



以前から憧れの高原でしたが
金沢からは交通の便がとても悪く あきらめていたのです…
そんな時…上諏訪の駅まで車で迎えに来てくださるとの
友人の嬉しい誘いに 思い切って出かけて来ました♪

10時48分金沢発-糸魚川ー南小谷ーと乗換、上諏訪に15時13分着の予定…
乗換え時間が4分ずつで一番早いルートなのです
ところが停電?とかで大幅に電車が遅れ
金沢発車がナント11時となってしまったのです!
絶対に乗換えに間に合わない!!

ホームに居た車掌に話すと 車内の車掌に必ずそのことを告げてくれと言われ
とに角乗ることに・・・

しかし、検札も無く・・車掌室をノックしても応答無し・・
糸魚川近くになってようやく会えたものの「ちょっとお待ちください」の返事のまま
電車は糸魚川に着く・・
案の定、乗るべき大糸線は出てしまったあと・・・
この後は乗り継ぐ電車が無いと言うのに・・・

同じような方が3人居て、途方にくれてると
JRの用意したハイヤーで南小谷まで行ってくれることになり、安堵!

しかし、ホットしたのも束の間 
運転手の方がルートはひとつだから電車に追いつけるか判らない・・・と
3人になった心強さから 「そうなったらまたJRにハイヤーを用意してもらいましょう〜」と
勝手な話がまとまったところで
とに角、事故の無いように気を付けていただきながらも急いで貰うことに・・・

そして1時間後、南小谷の駅に着くと電車がいたのです
 滑りこみセーフで「あずさ24号」に間に合ったのです
友人を待たすことなく無事に再会できほっと一安心♪



大糸線は左右に絶景が広がり、今となってはステキなドライブでしたが
写真を撮る余裕など全く無く、ハラハラしながらの往路でした

友人の車に乗り、ビーナスラインを走り、奥蓼科にある今夜のホテル「エクシブ蓼科」へ
鳥のさえずりが聞こえる森の中のお部屋で の〜んびりおしゃべりを楽しみ
全身マッサージも受けて心地好く深眠り・・・



翌朝、森の道を散策したかったのですが
私は寝坊しすぎて省略…「バラクラ・イングリッシュガーデン」へ向う
平日で思ったより人出も少なく、オールドローズが見頃
その他にもたくさんのお花と出会えました

    

今夜のホテルへ行く前に「八ヶ岳倶楽部」で遅めのランチタイム
友人お薦めのフルーツティとホットサンドをいただく
食後はギャラリーと雑木林を散策…みどりを渡る風に吹かれながら至福のひとときでした♪



しばらく車を走らせると、八ヶ岳の麓にポツリと佇む「ヒュッテ・エミール」へ到着
お部屋はとても広く、調度品はハイグレード
爽やかに拭き抜ける風に身を任せて夕食までおしゃべりタイム
夕食はフランス料理・・・お皿も素晴らしく量もほどよく もちろんお味は最高!
赤・白ワインを空けてしまいました

その日は私達2人で貸切り状態だったので 食後は暖炉の前で
オーナーご夫妻とそのお友達も交え 夜の更けるまでまたまたおしゃべりタイム

翌日は、朝食前に表へ出て八ヶ岳をしばし仰ぎ
あいにく富士山は望めませんでしたが…評判の朝粥とご対面!
うにと蟹が白粥の上にトッピングされ、待望の味わいに大満足の朝でした♪

    

最後の日は 清里高原へ向ったのですが
不覚にも久しぶりに車酔いしてしまい
名物のソフトクリームを食べることなく薬局探し・・
少し治まったところで「清里北澤美術館」へ
エミール・ガレ ドームなどの素晴らしい工芸品を眺め気持も落ち着く



お昼には友人の知り合いのお店でお蕎麦をいただき
車酔いもすっかり解消され 八ヶ岳連峰を一望出来るビューポイントへ案内していただく
季節柄、稜線はぼんやりでしたが 雄大な景色に感動!



帰りの電車までの時間 とあるホテルでフットマッサージを受けてしばしお昼寝タイム
全身に元気を取り戻し、小淵沢の駅まで送っていただく

帰路は長野周りの接続は無く、名古屋周り
17時59分小淵沢発ー塩尻ー名古屋ー米原ーと3度の乗換で23時45分金沢に無事到着!

アクシデントもありましたが、友人のおかげで初夏の高原を満喫して来ました
列島全体が6月とは思えないほどの真夏日が続き
日中は結構暑かったのですが 緑蔭や木立を抜ける風の爽やかさは格別で
運転とガイドをしていただいた友人に心から感謝です♪

いつの日か…機会があれば、せめて一週間滞在したいものです♪




2005/.6・23〜25








女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス